企業・研究機関向け情報

お茶大のハブ 科学・技術が進んで複雑化しているなかで、新たなイノベーションを創り出すため、高度な専門知識に加え、特定の分野に閉じない幅広い視野と、コミュニケーションを通して課題解決できる力を持った人材が求められています。
 イノベーションを牽引する人材として、海外では多くの博士課程修了者が、アカデミックだけでなく、ビジネスにおけるリーダーとしても活躍していますが、日本では、まだ少ない状態です。特定な専門分野への強い研究志向が、ビジネスの現場になかなか適応しにくいという声も聞かれます。
 本プログラムは、特定の専門分野の研究に偏りがちだと言われている博士人材を、実際のビジネスで必要とされる多様性や柔軟性、さらには高度のグローバル・コミュニケーション能力を持った、次世代リーダーに育てることを目指しています。カリキュラムでは、企業内で実際に行われているプロジェクト研究をモデルとしたProject Based Team Study (PBTS)を中心に置き、同時に、ビジネスや研究の現場を実際に体験するグローバル研修を積極的に実施しています。
 プログラムの実施に当たっては、プログラム担当者やアドバイザリーボードに、国内及び海外の企業・研究機関から多彩な人材を迎え、大学という枠を超えて取り組んでいます。産・学・官の各領域で、イノベーション創出の即戦力となれる博士人材を育成すると同時に、博士人材の社会への進出を促進させていきたいと考えています。

Project Based Team Study (PBTS)

 PBTSは、本プログラムの中核となっている教育手法で、企業内で実際に行われているプロジェクト研究をモデルにしています。学生は、自ら研究課題を提案し、主専攻ではそれぞれ異なる専門分野の研究を行っている他の学生とチーム(cross-functional team)を作り、学生達自身で企画・運営を行いながら英語で研究を実施します。この活動を通じ、プロジェクトを自らマネジメントする実践的な研究を経験します。
 なお、PBTSの活動拠点としてStudy Commons(外国人教員で構成)を設置するとともに、専任の教員や各専門分野の本学教員、産業界を含む学外の専門家が指導にあたり、各チームは競争しながら研究を進めていきます。研究は学内にとどまらず、他大学・学外の研究機関・企業などとの共同研究開発も視野に入れて実施しています。
 現在、10チームが活動していますが、民間企業に協力いただき産学が連携しての研究を行っているチーム、他大学の大学院生とともに研究を進めているチームなど各チームで工夫を凝らした研究を実施しています。

【活動中のチームの概要】(2017年10月1日現在)

Anti-Agingチーム(1期生)
健康寿命の延長と日本の伝統的な緑茶を日本のみならず世界にも発信することを目的として、抗酸化物質をより多く含む新しいお茶の開発を目指しています。
Educationチーム(1期生)
高校生を対象としたプログラミングの授業を開発します。簡単なゲームを作成することで、多くの高校生が難しいと感じる数学的帰納法の理解向上を目指しています。
Synchronizationチーム(1期生)
皮膚繊維芽細胞とコラーゲンの相互作用のメカニズムを知るために、コラーゲン上における皮膚繊維芽細胞の集合パターン形成に影響を与える因子を探しています。
Water Treatmentチーム(1期生)
環境負荷の大きい排水中の油脂に着目し、食品工場における、既存排水処理方法の酵素を用いた改良を目指します。
Green Filteringチーム(2期生)
社会問題となっているPM2.5等の大気汚染への対策として、葉の表面構造を模したグリーン・フィルターの開発を目指しています。
Health Careチーム(3期生)
食生活に起因する健康問題の解決と人々の環境問題に対する意識の向上に向けてレシピ推薦アプリケーションを開発します。
Science Educationチーム(3期生)
理工学部等の純粋な理系分野における女性が少ないという社会的課題に対応するため、女子高校生をターゲットに、「高校生時代の悩み、進路選択に内容を特化した」ロールモデルを提供するという、理系進学促進手法の開発を目指します。
Fly Trapチーム(4期生)
果実に産卵するハエを防除し、日本において無農薬の果実を栽培するために、ハエが忌避する物質を探索します。
Traffic Jamチーム(4期生)
今後自動運転車が実用化されていく中で、手動運転車と自動運転車が混ざった交通状態が予想されます。そのような交通状態で発生する渋滞の解消方法について、コンピュータシミュレーションを用いて提示することを目指しています。
Water Recyclingチーム(4期生)
水資源の有効活用のため,家庭排水の灌漑への再利用を目指しています。その第一段階として,洗濯排水中の界面活性剤を除去するシステムを開発しています。

グローバル研修

 視野を広め、社会の要求に対しどのように向き合っていくのかを具体的に体験し、自らの研究力を向上させることを目的として、国内外の大学、研究所、企業等での長期研修を実施しています。海外や民間企業を含む30以上の機関の協力を得て、履修生は複数回のインターンシップを経験します。
 グローバル研修には、博士前期課程で行われるグローバル研修Ⅰ(3カ月~6カ月)と博士後期課程で行われるグローバル研修Ⅱ(6カ月~12カ月)があり、どちらも企業・官公庁・研究機関等で長期インターンシップを行います。学生は、PBTSで行っている研究を更に推進するとともに、自らの専門分野も考慮して、研修先を各自で決定します。

【研修に協力いただいている機関一覧】(2017年10月12日現在)
 国内研修14件(民間企業8、研究機関3、大学2、官庁1)
 海外研修17件(民間企業1、研究機関4、大学10、その他2)

民間企業
富士通株式会社、株式会社東京設計事務所、東レ株式会社、株式会社ウェザーニューズ、新日鐵住金株式会社、株式会社リコー、株式会社Rhelixa、日産自動車株式会社、LANXESS GmbH(ドイツ)
研究機関
国立健康・栄養研究所、理化学研究所、産業技術総合研究所、Barcelona Supercomputing Center(スペイン)、Institute of Mathematics Polish Academy of Sciences, Banach Center(ポーランド)、Laboratory of Subatomic Physics & Cosmology, Grenoble(フランス)、National Institute for Public Health and the Environment (RIVM)(オランダ)
大学
東京大学、島根大学、梨花女子大学(韓国)、University of Oxford(イギリス)、New York University(アメリカ)、Virginia Polytechnic Institute and State University(アメリカ)、University of Technology Sydney(オーストラリア)、Strasbourg University(フランス)、Northeastern University(アメリカ)、University of California, Davis(アメリカ)、Technical University of Dresden(ドイツ)、Chalmers University of Technology(スウェーデン)
官庁他その他非営利団体
文部科学省、ピラポ日本人会(パラグアイ)、南カリフォルニア日米協会(アメリカ)

その他の産学官連携活動

 企業や研究機関の方たちを招くなど協力して、キャリア開発のイベント、商品開発体験ワークショップなど、様々な企画を行っています。

開催日
2017.12.01 : キャリア支援セミナー特別編:技術系企業経営幹部経験者が語るメッセージ 
2017.11.21 : 講演会:産業界が期待する世界で活躍する女性研究員とは? 
2017.06.23 : 2017年度 第2回キャリア支援セミナー(6月23日) 
2017.04.21 : 博士のための就職活動ガイダンス(キャリア支援セミナー)
2016.12.21 : 第3回キャリアプランセミナー&学生募集説明会 

企業・研究機関の方々へのお願い

 上記の通り、企業や研究機関の方々の協力を得て、産学官連携の下でプログラムを進めております。本プログラムにご関心のある企業や研究機関の方がいらっしゃいましたら、メールにてご連絡をお願いいたします。特に、「博士を目指す学生向け研究インターンシップの受入れを実施又は検討されている企業・研究機関」や「女性博士人材を積極的に採用している又は検討されている企業・研究機関」、「PBTSの研究に関心を持っていただいた企業・研究機関」の方々などとの交流を進めていければと考えております。
【連絡先】お茶の水女子大学リーディング大学院推進センター
     E-mail: