グローバル理工学副専攻

「グローバル理工学副専攻」は、「博士課程教育リーディングプログラム」の採択を機に、理学専攻とライフサイエンス専攻の協働により新設された学位プログラムであり、博士前期後期課程一貫の5年プログラムとして構成されています。

本副専攻では、特に女性人材が不足している理工系分野において、物理・数学・情報を基盤的な素養として持ち、そのため社会の様態やニーズの変化に即応でき、必要なイノベーションを創出し続けることのできる高い柔軟性をもった、グローバルに活躍できる女性人材を養成します。