2018年度グローバル研修Ⅰ&Ⅱレポート

2018年度グローバル研修Ⅰレポート

久保田 美緒

【研修先】
大阪大学(日本)

【研修期間】
2018年3月~6月

【研修報告】
 2018年3月~ 6月の3ヶ月の間、大阪大学素粒子論研究室兼村グループにお世話になった。阪大の素粒子論研究室は兼村グループの他に2つの素粒子論の研究グループで構成されており、研究活動の規模が非常に広い研究室である。期間中はミーティングやセミナーへの参加等の研究室のアクティビティに参加した。また、他グループの学生・教授を含む様々な研究分野の研究者達との交流によって素粒子物理学の見識を深めた。そして研修の結果、現在本研究室の研究者の一人と共同研究を行なっている。
 本研修の目的は、主専攻である素粒子物理学の研究を行いその理解を深めること、及び副専攻における研究である「オリジナルの女性の理系出身者(研究者・社会人)のロールモデル記事の作成、及びそのロールモデル記事の検証」で阪大の女性研究者にインタビューを行うことであった。主専攻の方の目的は果たすことができた。副専攻の方の目的については、残念ながら交渉が折り合わず果たすことはできなかった。
 
久保田 美緒(理学専攻 物理科学領域 D1)
PBTS所属チーム:Science Education

ゼミの黒板の一部

ゼミの黒板の一部

送別会で貰った色紙

送別会で貰った色紙

送別会にて

送別会にて


2018年度グローバル研修Ⅱレポート

李 冬陽

【研修先】
株式会社ファンケル(日本)

【研修期間】
2018年4月~6月

【研修報告】
    For global training II, in order to learn how to make a functional food product, I went to the research institute of FANCL corporation in Yokohama for three months. I followed the arrangements of the leader of the functionality evaluation group in Health research center. I finished the real time PCR analysis of one experiment and immunohistochemistry in another experiment. Under the guidance of the group members, I made a product proposal. From this internship, I learned how to verify the functional effects of food components by scientific experiment and how to make a product proposal as a researcher. Not only learned many useful skills and knowledge for our PBTS and also got lots of other achievements.

李 冬陽(理学専攻 化学・生物化学領域 D2)
PBTS所属チーム:Anti-Aging

photo1

The presentation for my product proposal

photo2

Farewell party