グローバル理工学特別実習Ⅶ 2018年8月29日開講(6コース6日間・集中講義)

グローバル理工学特別実習Ⅶポスター8月29日から9月6日に、グローバル理工学特別実習Ⅶを集中講義で開講します。
2018年度の「グローバル理工学特別実習」(先端機器実習)は、情報、物理、化学、生物、人間環境、食品栄養の6つのコースを含むグローバル理工学特別実習Ⅶで行います。1日1コース6日間の日程で、各コースの様々な先端機器を用いた集中実習を行ないます。自身の専門分野以外における知識を深めることによって、学際的視野を広げる貴重な機会です。
博士前期・後期課程に所属する学生で関心のある方なら、どなたでも履修することができます。学部生の聴講も受け付けています。

実習概要

科目名
グローバル理工学特別実習Ⅶ [18S1030]
単位数
1.0単位
担当教員
吉田 裕亮
【各コースの実習担当教員】
 情報コース:椎尾 一郎、小林 一郎、郡 宏
 化学コース:近藤 敏啓
 生物コース:宮本 泰則
 食品栄養コース:石川 朋子
 人間環境コース:太田 裕治
 物理コース:古川 はづき
対象
博士前期・後期課程
日程
8月29日(水)10:40-15:45 情報コース
8月31日(金)10:40-15:45 化学コース
9月 3日(月)10:40-15:45 生物コース
9月 4日(火)10:40-15:45 食品栄養コース
9月 5日(水)10:40-15:45 人間環境コース
9月 6日(木)10:40-15:45 物理コース
※時間には、昼休み等の休憩時間も含まれます

授業計画

情報コース 8月29日(水)10:40-15:45
※コース内での各教員の講義順は変更することがあります。
【担当教員】郡 宏
【場所】理学部3号館503室(情報科学科図書室)
【使用機器】大型計算機、学内LAN
【授業内容】Mathematicaの体験を行う(60分~90分程度)。
【持参物】ノートPC(貸与可能)
【事前準備】Mathematicaを各自事前にインストールしておくこと。インストール方法は郡から事前に連絡します。
【担当教員】小林 一郎
【場所】理学部3号館602室
【使用機器】ロボット
【授業内容】大量データを処理するクラスタリング手法、および、ロボットの視覚情報処理のための理論およびpythonによる実装について説明し、それらの実習を行う。
【持参物】ノートPC(貸与を希望する場合、要事前登録(koba@is.ocha.ac.jp))
【事前準備】なし
【担当教員】椎尾 一郎
【場所】理学部1号館140室
【使用機器】3Dプリンタ、レーザ加工機
【授業内容】デジタルファブリケーションを支える主要なデバイスである3Dプリンタとレーザ加工機の仕組みと利用可能性を実習を通して理解する。
【持参物・事前準備】特になし
化学コース 8月31日(金)10:40-15:45
【担当教員】近藤 敏啓
【場所】理学部1号館421室、422室
【使用機器】偏光変調反射赤外分光光度計
【授業内容】金基板上に形成させたアルキルチオール自己組織化単分子層の配向評価。
自己組織化単分子層および偏光変調反射赤外分光法について講義したのち、実際に単分子層を作って赤外スペクトルを測定・解析する。
【持参物・事前準備】特になし
生物コース 9月3日(月)10:40-15:45
【担当教員】宮本 泰則
【場所】理学部1号館521室、理学部2号館404室
【使用機器】共焦点レーザー顕微鏡 (カールツァイス製、LSM700)
【授業内容】生物を形作る細胞の動態を観察するためには、細胞内の特定の分子の分布や発現を解析することが重要である。この解析ための共焦点レーザー顕微鏡の原理及び使用法について、講義、実習を行う。
【持参物】筆記用具
【事前準備】共焦点レーザー顕微鏡について、事前に予習しておいてください。
食品栄養コース 9月4日(火)10:40-15:45
【担当教員】石川 朋子
【場所】総合研究棟202室、動物実験施設
【使用機器】マイクロCTスキャナー、パラフィン包埋・薄切装置、オールインワン顕微鏡
【授業内容】食品栄養科学研究のための生体の非侵襲的画像解析と侵襲的形態解析
【持参物】白衣着用など、実験を行う服装で受講すること
【事前準備】CTスキャナーの原理と活用例について調べておくこと。パラフィン標本の活用例と作製方法を調べておくこと。
人間環境コース 9月5日(水)10:40-15:45
【担当教員】太田 裕治
【場所】総合研究棟805室
【使用機器】PC、レーザカッター
【授業内容】レーザカッター加工実習(レーザカッター組立て、データ作成、ならびに加工)
【持参物・事前準備】特になし
物理コース 9月6日(木)10:40-15:45
【担当教員】古川 はづき
【場所】理学部1号館101室(集合場所)、理学部1号館125室、人間文化研究科棟107室
【使用機器】X線結晶構造解析システム(人間文化研究科棟107室)、高精度磁化測定装置、極低温冷凍機、ヘリウム再凝縮装置一式(理学部1号館125室)
【授業内容】
(0)実習概要説明・実験室見学(理学部1号館101室)
(1)ものの成り立ちと物性(人間文化研究棟107室)
 ・物質の成り立ち
 ・原子の規則的な配列、試料の作成法、X線散乱による結晶構造測定
(2)物性測定(理学部1号館125室)
 ・磁化の測定
【持参物】記録用ノート
【事前準備】結晶や分子が示す様々な物理的性質について、個人の理解の現状を整理してくること。

履修登録

履修登録期間: 8月6日(月)まで
履修登録は、学務課で「期間外登録」として手続きを行ってください。
学部生で聴講を希望される方はリーディング大学院推進センターにお申し込みください。

お問合せ

リーディング大学院推進センター
Tel: 03-5978-5775
E-mail: