グローバル理工学特別実習(先端機器実習)

理工系グローバルリーダーの育成を目指す「博士課程教育リーディングプログラム」の一環として、様々な分野の先端機器を用いて実習を行う『グローバル理工学特別実習』を8月~9月に開講します(大学院博士前期後期課程共通科目)。
情報、物理、化学、生物、人間環境、食品栄養の6つのコースワークがあり、自身の専門以外の分野にも参加できます。
異分野の先端機器に触れて学際的視野を広げましょう!

過去のグローバル理工学特別実習

2019年度グローバル理工学特別実習

情報、物理、化学、生物、人間環境、食品栄養の6つのコースを含むグローバル理工学特別実習Ⅶを、夏期集中講義として実施する予定です。